えむにわリソース

ITのスキマ的なあれこれを書きます。

技術書典4で Laravel環境構築本を頒布します。

TL;DR

技術書典4でLaravelの環境構築、TDD + PHPStormで爆速アプリ作成本出します。
みんな読んでくれ!

配置は(く13)です

f:id:m2wasabi:20180419233401j:plain:w300

続きを読む

明星和楽2018に出展してきました

明星和楽2018出展テーマ "High Tension Visualization"

去る3月30日、31日に明星和楽2018が開催されました。
myojowaraku.net

その中でテクノロジーチームとして2日間、デモの体験・展示をさせていただきました。
僕含めて出展者は4人+1社。
出展者と出展内容はこんな感じでした。↓↓

続きを読む

glTF Tools for VSCode を改造して glTF2.0のモデルをGrimoire.jsでプレビューする

本稿は Grimoire.js Advent Calendar 2017 の13日目の記事です。が、だいぶ遅刻気味ですね…

はりきっていってみましょう。

TL;DR

glTF Toolsを改造してGrimoire.jsの表示機能を追加してみました。
Grimoire.jsのglTF2.0簡易ローダーとしてかなりいい感じです。

glTF Tools

VSCode拡張の glTF Tools というのはご存知でしょうか。

glTFを触ろうとしてる人からすると神ツールで、
glTFのバリデーションを行うだけでなく、
オブジェクトツリーの表示、
各種WebGLエンジンでのプレビュー機能も備えています。

f:id:m2wasabi:20171215220206p:plain

インストールはエディタから拡張機能検索で gltf で検索し、インストールするだけです。

Grimoire.js プレビューの追加

glTF ToolsのリポジトリをForkして改造しています。

github.com

ソースの変更点はこちら
Comparing master...PreviewGrimoire · m2wasabi/gltf-vscode · GitHub

導入方法は、下記リンクの差分ファイルをダウンロードし、glTF Toolsのインストール先に上書きという乱暴な方法です。
具体的な手順は中にあるreadme.mdをよく読んでください。

gltf_tools_vsc_2.1.2_grimoire_diff.zip

Windowsの場合、
C:\Users\<ユーザー名>\.vscode\extensions\cesium.gltf-vscode-2.1.2
にインストールされていることでしょう。

使ってみよう

インストールされたら、ごく一般の家庭にあるglTF2.0のファイルをおもむろに読み込んで、右上のプレビューボタンを押します。
とても簡単です。

今回はpmxから変換したキズナアイさんに登場してもらいました。ビュリホ!

f:id:m2wasabi:20171215070431p:plain

キズナアイさん1周年おめでとうございます
余談ですが、どのエンジンで表示しても、白目になります。
半透明なのか反射なのかがうまく行ってないように見えます。

f:id:m2wasabi:20171215223350p:plain:w200 f:id:m2wasabi:20171215223401p:plain:w200 f:id:m2wasabi:20171215223412p:plain:w200

なおGrimoire.jsだけ、上から見るとちゃんと見えるみたいです。

f:id:m2wasabi:20171215231854p:plain

おわりに

いかがだったでしょうか。
Grimoire.jsがPBR(Physics-Based Rendering)の更新を控えているので、それまではPullRequestは出しません。

glTF2.0の変換方法のノウハウは、まだ不完全ですが、近いうちに書きます
誰かblenderのリグ・モーションまわりの使い方教えてくれー!

次は16日case2912 さんで「ジオメトリを扱った何か」らしいです。楽しみですね。

参考記事

Rift Core 2.0を触ってみた!

本稿は Oculus Rift Advent Calendar 2017 の9日目の記事です。

前日はnobuhikoさんで、HoloLensでARToolKitを使ってみた でした。
大事ですね。Vuforiaと違ってOSSで使えるので個人で気軽に無料アプリ出してライセンス赤字垂れ流すことはないんですね!
生きよう!

さて今回のアドベントカレンダーの内容ですが、Rift Core 2.0を触ってみた感じなどを書いていきます。
※本当はHoloLensの技術的記事にしようかと思ったけど、あまりにHoloLens勢力が強いので、ちょっとRiftネタを増やしたく、内容を変更しました。。
Sharingについての実装編は、別途書きますね!

続きを読む

Laravelの開発に最適なDockerCompose作ってみた

本記事は Laravel Advent Calender 2017 2日目の記事です。

前日の記事は @nunulk さんで Undocumented Laravel (1) Routing 編 - Qiita です。
興味深いRouteの話でしたね。Routeなのに道が整備されてなくて迷子になりそうですね。

f:id:m2wasabi:20171201100936p:plain

TL;DR

Laravelで開発するときに環境問わず使える docker-compose のテンプレート作ったのでみんな使ってくれ!

github.com

取説が長いのでブックマークして使うときに見るといいよ!

なぜ作ったか

開発用の仮想環境は、Laravelが Laravel Homestead という公式のVirtualBoxイメージがあります。 最近はリソースのオーバーヘッドの大きいOS仮想環境よりも、小さい環境を簡単に作っては壊すコンテナ仮想環境のほうが便利になってきました。 また、WindowsだとVirtualboxの共有ストレージ周りが本当にイケてないなので、Dockerを使いたいです。

また、チーム内で開発OSがバラバラのケース、よくあります。 「それ、MACでないと動きません。」「PHPの案件ですがまずはRuby入れてください」とか担当者をギアナ高地に置いて帰りたくなりますね。

そんなわけで、OSに依存しないLaravel開発用のDocker Composeテンプレートを作りました。 これでみんな幸せになりましょう。


取扱説明書

動作環境

Dockerの動く環境であれば大丈夫です。

セットアップ

1. リポジトリをクローンします。

以下コマンドのようにクローンしても良いですし、GitHubからzipでダウンロードして展開しても良いです。

$ git clone git@github.com:m2wasabi/docker-compose-templates.git myproject

.env ファイルにて、プロジェクト名(コンテナ名のprefixになる)が設定できます。
好きな名前に書き換えましょう。

PROJECT_NAME=myproject

2. コンテナをビルドします。

$ cd myproject
$ docker-compose build

3. Laravelのプロジェクトをクローン、またはセットアップします

  • 既存のプロジェクトからクローンしてくる場合はこちら

./app 以下にLaravelアプリを展開します。コマンドで言えば以下のようになります。

$ git clone git@github.com:<your account>/<your Laravel project>.git app

次にアプリ内の .env ファイルを編集します。接続パラメータの参考設定は以下

DB_HOST=mysql
REDIS_HOST=redis

CACHE_DRIVER=redis
SESSION_DRIVER=redis
QUEUE_DRIVER=redis

これでコンテナを立ち上げます。

$ docker-compose up

コンテナが起動したら、docker-composeとは別に新しいコンソールを立ち上げて、 ./php.sh.\php.bat でコンテナにログインします。
どちらを使うかは使っている環境で判断してください。

PHPコンテナのコンソールに入ったら、中で、以下コマンドを実行します。

/app # composer install
/app # php artisan migrate
  • 新規プロジェクトを開始する場合はこちら
$ mkdir -p app/public
$ docker-compose up

これでとりあえずコンテナが起動するので、コンテナ内で作業します。

コンテナに入るコマンドは、docker-composeとは別に新しいコンソールを立ち上げて、 ./php.sh.\php.bat で起動します。
どちらを使うかは使っている環境で判断してください。

PHPコンテナのコンソールに入ったら、中で、以下コマンドを実行します。

/app # composer global require laravel/installer
/app # PATH=$PATH:$HOME/.composer/vendor/bin/
/app # export PATH
/app # laravel new
/app # composer require predis/predis

以上でLaravelのプロジェクトが作成されたので、exit コマンドなどでPHPコンテナから出ます。

次にアプリ内の .env ファイルを編集します。接続パラメータの設定は以下の項目のみ書き換えてください。

DB_HOST=mysql
REDIS_HOST=redis

CACHE_DRIVER=redis
SESSION_DRIVER=redis
QUEUE_DRIVER=redis

4. 開発を楽しみましょう!

接続できるURL

コンテナに入るコマンド

  • ./php.sh または .\php.bat
  • ./mysql.sh または .\mysql.bat

カスタマイズ・便利な機能

PHPのカスタマイズ

PHPの構成は ./docker-assets/php-fpm/Dockerfile に全て記述されています。
PHPの構成を変更したい、追加でライブラリを導入したい。
そんなときにはこのファイルを編集しましょう。

PHPコンテナのOSに、容量の少ない Alpine Linux 使っています。
導入可能なパッケージは公式サイトのパッケージ検索で探してみましょう。
Alpine packages

RUN apk add --no-cache \
        zip \
~中略~
        openssl-dev 

PHPモジュールのインストールに docker-php-ext-install を用いています。 インストール可能なモジュールは、コンテナを起動して docker-php-ext-install をオプションなしで実行すれば、ヘルプが出るので、そこを見るとよいでしょう。

RUN docker-php-ext-install \
        pdo_mysql \
~中略~
        zip 

composerの導入は、公式のコマンドそのままですがパッケージのダウンロードを高速化するために hirak/prestissimoを導入しています。

RUN curl -sS https://getcomposer.org/installer | php ;mv composer.phar /usr/local/bin/composer;
RUN composer global require hirak/prestissimo
RUN composer global require phpunit/phpunit

MySQLのカスタマイズ

./docker-assets/mysql/custom.cnf には、MySQLの追加の設定項目を記述します。
古いバージョンのLaravelやMySQLを使う場合に、文字コードを'utf8'変更したい場合などに便利です。

また、以下の部分のコメントアウトを外すと、 ./mysql_data/general-query.log にクエリログを吐きだします。
そのまま運用するのはストレージが危険ですが、レースコンディションの解析などの検証時には便利です。

general_log=1
general_log_file=/var/lib/mysql/general-query.log

PHPのカスタムスクリプト

ディレクト./docker-assets/php-fpm/scripts は、 PHPコンテナの /scripts/以下にマウントされます。
ここに実行可能なスクリプトを書いておくと、 コンテナ内から直接実行させるのに便利です。

$ docker exec -it myproject_php-fpm /scripts/db_reset.sh

Laravelのエンドポイントを/api/以下に変更したい

./docker-assets/nginx/conf.d/vhosts-main.conf の14~22行目を以下の様に変更します。
あとLaravel側でもRouteの変更は必要です。

    ## use /api/ as php framework
    location /api/ {
        try_files $uri $uri/ /index.php?$query_string;
    }

    # # use / as php framework
    # location / {
    #    try_files $uri $uri/ /index.php?$query_string;
    # }

Swaggerのエンドポイントを追加したい

まず ./swagger/ ディレクトリに静的コンテンツを設置します。

docker-compose.yml の30行目のコメントを外します。

    volumes:
        - ./swagger:/swagger
        - ./docker-assets/nginx/conf.d:/etc/nginx/conf.d

続いて ./docker-assets/nginx/conf.d/vhosts-main.conf の24~27行目を以下の様に変更します。

    ## use Swagger directory
    location /swagger/ {
        alias /swagger/;
    }

LaravelやめてNode.jsのサーバにしたい

docker-compose.yml と、./docker-assets/nginx/conf.d/vhosts-main.conf のそれっぽいコメントアウトを見てください。

FAQ

Docker Hub使わないんですか?
どこの馬の骨ともわからない人のコンテナイメージは、他人から見れば信用できないものです。
基本的に公式のイメージを用いて、カスタマイズする部分はリポジトリ内部にDockerfileを置くことにしました。
Laravel以外で使いたいんじゃが…
Forkしてカスタマイズしてください。簡単です。

さいごに

これでLinuxMacWindowsも、みんな仲良く開発できますね。

明日は namaozi さんの担当です。 クエリスコープ、便利ですね。メモリ死したくないときの強い味方です。

HoloLensのSharingServeiceの歩き方(ツール編)

前回の記事 で予告したように、
今回はSharing Serviceの実践方法について、深掘りしていきます。
今回取り上げるのは、コードを書く前の段階のツールの準備と使い方の話です。
ここまで準備すれば、Academyのチュートリアルも理解が捗ることでしょう。

続きを読む

HoloLensでSharingする前に確認したほうがいいこと

11/25(土),11/26(日)の2日間でXR GameJamに参加してきました。

東京会場は、 25日はXRもくもく会と、 26日はプログラマのためのUnity勉強会と日程被りで、
同ジャンルで喰い合いになったため人数は少なかったですが、
良い体験が得られた会だったと思います。

夜に家で仕込んで完成させたSharingが2日目現場でまったく動かないまま終了になったので、
Sharing の実装に入る前に、どの方法で Sharing したらよいか、 各種Sharing の仕様と判断方法を調べました。

ハッカソンやイベントでSharing を行う前に、必ず現場のネットワーク要件の確認をしましょう!

コケるなら早いほうが良いので、0歩目でコケるのは超大事です。

f:id:m2wasabi:20171127201754j:plain

続きを読む